20代の適当な転職回数

20代で転職回数が多いと不利なのか?

若いうちはいろいろな経験を積んだ方が、将来的に有利になると考えられる事ともありますが、企業からすれば転職回数が多いというのはあまりいい印象を受けないことは少なくありません。20代は転職しやすいと言われていますが、今や有利といった事を感じる事は少なくなってきています。むしろ転職回数が多いと不利になってしまうことも多いのです。数ある経験を積むのも場合によっては役立つ事になりますが、必ずしもメリットとなるとは限りません。

転職回数が不利になる要因としてはその理由としては、退職の頻度から長期勤務が困難に見えたり、各職務に対してのスキルが浅い事です。転職を多くしているということはスキルがしっかりと身についていないと判断されてしまうことが多く、職場を転々としていると腰の軽さが伺えてしまいます。それらを考慮して書類選考の段階で不採用になってしまう事があります。このため、できるだけ転職をする際にはできるだけ自分に合った場所を選び、長期的に働く様にした方が将来的にも役立ちます。

かといって転職回数が多いと転職が不利になるのかと言えば、そう限った事ではありません。必ずしも回数が不利益に比例する事はなく、入社意欲がしっかりと伝われば当然書類選考も通りますし、転職をした理由が明確で合理的であればなにも悪い印象を与える事はありません。転職回数が多くてもそのあとの対応をしっかりとしていれば採用される可能性は十分にありますので、事前に対応方法を考えておく事が必要です。

しかし、回数もチェックされる点として挙げられますが、短期間の転職が続いている経歴は人事部の方に良い印象を与えないので、早めの転職は職歴に傷が付くので避けておく事が望ましいと言えます。職歴として評価を得るには少なくとも2年間以上は在籍している方が良い印象を与える事が出来ます。極端に待遇が悪かったり、社内でトラブルがあったりする事がなければ、出来る限り短い期間で何度も転職を繰り返す様な事をしない様にするのが将来的にも役立つ事になります。

今では転職を支援してくれるところが多くなっています。転職エージェントなどもその一つです。転職サイトのサービスを積極的に活用する事で、転職の採用確率というのは高くなっていきます。転職回数が多い場合であっても、転職先の方に悪い印象を与えない的確な対応方法も提供してくれますので、経歴に不安がある方は是非一度活用してみてはいかがでしょう。

20代で転職をお考えの方はコチラ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビエージェント詳細・登録はこちら